英単語・長期記憶術

TOEIC英単語 英単語を長期記憶できる単語帳の使い方

単語帳を何周もしたのに、いざテストや実践となると抜けてしまって、全く思い出せないという経験はありませんか?
原因は単語帳の使い方にあるかもしれません。今回は、英単語を頭の中に長期保存出来る単語帳の使い方のコツをご紹介します。今までの単語帳の使い方と比べてみましょう。

 

英単語を長期記憶できる単語帳の使い方

単語帳はゆっくり読みましょう。

勉強する

反復する回数が大切と思われがちな英単語学習ですが、英語学習の初心者の中には、回数を重視するあまりに言葉のイメージ作りができていない人が多いです。その結果、明日のテストでは使えるけれど、しばらくしたら忘れてしまいます。単語帳をまわしているだけでは、あまり意味がありません。

 

目安としては、最初の1周目は1単語に最低でも3分は掛けましょう。そうすると、1ページ終わるのに20分くらいかかります。段々ペースを上げて行って厚さ2センチくらいの単語帳なら、まずは1ヶ月に3周を目標にしましょう。

 

 

長期的に記憶できる単語帳の使い方

  • 単語の横に人の名前を書く

単語のイメージ作りに一役買ってくれるのが、単語の隣に”人の名前を書く”という方法です。家族、友人、漫画のキャラクターなど、なんでも構いません。その単語を見てイメージする人の名前を書きましょう。

 

例えばmenace(脅威、脅かす人)、の横には、昔とっても厳しくて、毎回ビクビクと恐れていたピアノの先生の名前や、平和を脅かすという意味で”テロリスト”などと書いておきましょう。

 

  • 自分で例文を作る

実際に自分でその単語を使いこなせるようになる為に、自分で例文を作るというのも効果的です。
単語帳の隙間に、自分のオリジナル例文を書き込みましょう。

 

例えばcurb(抑制する)という単語を覚えるとき、自分が抑制しなければならないものを考えて例文にするとすんなり覚える事ができます。ダイエット中の人だったら、I should curb my desires(食欲を抑制しなければいけない)など、自分と単語を結びつけるようにする事がポイントです。

 

英単語・長期記憶術まとめ
このようにして単語帳を使っていると、やはり1ページに20分くらい掛かってしまいます。しかし、それも最初の1周目だけで、2周目、3周目とどんどんペースが上がって行くので心配せずに、始めはゆっくり単語帳に向き合うのが長期的に記憶できるコツです。
単語帳の使い方を見直して語彙力を上げ、TOEICで、600~700点を余裕で取れるようにしましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ