英語 通訳 翻訳

英語 通訳・翻訳 実践を意識した勉強法

既に英語が達者な方は、将来それを通訳・翻訳という形で職業にしようと考えているかもしれません。しかし、通訳・翻訳を職業にするためには、普通の英語学習とはまた違った勉強の方法で、通訳・翻訳に必要とされる高い英語力を身につける必要があります。通訳・翻訳を目指している人は、これらの点も意識しながら勉強しましょう。

 

通訳・翻訳の英語学習のポイント

「分かったつもり」はNG リスニングしながら伝える力を鍛えよう

通訳では、聞いた内容を瞬時に頭の中で変換して相手に伝える事ができなければなりません。したがって、英語を聞いた時に、自分が理解しているだけでは不十分なのです。

 

リスニングの練習をするときは常に、相手にどう伝えるかを考えながら聞くようにしましょう。すると、自分では分かっているのに、整理して相手に伝えられない部分と言うのが分かってくると思います。それが分かったら、どうやったらその部分を相手に 分かりやすく伝える事が出来るかというのを課題にしながらリスニングしましょう。そうする事で、分かったつもりになっている部分を見つける事が出来、英語の理解力が一段と上がります。

 

得意分野を作って集中的に勉強しよう!

英語学習を楽しむ

通訳者・翻訳者と聞くと、英語のことならすべておまかせ出来ると思われがちですが、それぞれの通訳者・翻訳者には得意分野があり、また、それを極めている事が通訳者・翻訳者として高い収入を得られるポイントとなってきます。

 

日常英会話くらいならできるという人も増えてきているので、通訳者・翻訳者には少なからず専門が求められてきます。英語の勉強はもちろんですが、自分がどういう場面で、どういうジャンルの通訳・翻訳をしたいのかというのを意識して、その分野に必要な単語や、表現を徹底的に勉強しましょう。

 

通訳・翻訳を目指すためのポイント

通訳・翻訳を職業にしたい人は、普通の人がする英語学習では不十分で、通訳・翻訳に必要なスキルを理解して身につける必要があります。
おすすめ教材
通訳トレーニング入門
字幕翻訳から映像翻訳まで

 

こちらの教材では、実践的を意識したトレーニングができるので、英語を職業にしたい人にはとてもオススメです。通訳者に必要なリスニングの仕方や、翻訳者に必要な表現力を身につける事が出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ