時事英語

時事英語TOEIC 英語で情報を取り入れる習慣をつけよう

「英字新聞がスラスラ読めたらいいな・・」「英語のニュースがすんなり聞き取れたらな。」
そんな思いから時事英語の勉強を始める人も多いと思います。日本も国際化してきているので、海外の時事をすんなり理解出来るくらいの英語力を身につければ、とても重宝されることでしょう。

 

時事英語を学ぶには

常に新しい情報を

時事英語を学ぶ

時事英語の理解には、英語力はもちろんですが、色々な国のニュースや情報を知っている事がさらに理解を深めます。ですから、毎日最新のニュースを仕入れる習慣をつけましょう。

英字新聞を購読してみたり、英語でニュースを聞くなど、英語の勉強にプラスして、新しい情報を仕入れる習慣を身につけましょう。

 

趣味の時間も英語勉強に

休みの時間は、ネットサーフィンしたり、映画を見たり、音楽を聴いたり・・・そんな風にリラックスして過ごす方も多いと思いますが、それをすべて英語でやってみると、リラックスの時間までも英語学習にあてる事ができます。英語でネットサーフィンするだけでも、海外の情報が色々ろ入ってきます。

 

また、音楽や映画などは、その国の文化やトレンドが反映されている事もしばしば。リスニングのトレーニングにも一役買ってくれます。その国の流行や、文化に触れるということも、時事英語の理解を深める上では大切な事です。積極的に英語で情報を入れるようにしていきましょう。

 

時事英語まとめ

時事英語を学ぶには、英語の勉強にプラスして、海外への興味や情報への敏感さが大切。でも、なかなか自分にピッタリな教材を見つけられないという方や、これから時事英語に取りかかる方には
もう迷わない!英語教材の進化系「1000時間ヒアリングマラソン」がオススメです。

 

毎月フレッシュな話題をテーマにした英語の教材で、海外に対する興味や理解が深まります。CDもセットなので、リスニング力を伸ばしたい方にもオススメです。そして毎月英語の伸びをチェックしてくれる嬉しいサービスも。フレッシュな情報と一緒に楽しく勉強しながら、実用的な英語力が身に付くイチオシの教材です。


ホーム RSS購読 サイトマップ